▼ハードウォレットなら「レジャーナノS」…毎月対応通貨を増やして世界で100万台以上販売!

▼ハードウォレットなら「レジャーナノS」…毎月対応通貨を増やして世界で100万台以上販売!


孫正義氏の仮想通貨とブロックチェーンに対する見解は? 世界のIT業界大物たちの考えが未来を大きく変えていく!?

投稿日:2018-06-21 更新日:

 

仮想通貨は「実態よりも投機的価値が先行」

6月20日に開催されたソフトバンクグループの株主総会で、孫正義会長兼社長は、仮想通貨の取り組みに関する株主質問に対して、

「ブロックチェーンなどを使った技術に取り組んでいる」と回答しました。

ただし、「ブロックチェーンを使った通貨は、実態よりも投機的な価値が先行している」として、技術そのものはまだ始まったばかりである、という見方を示しました。

仮想通貨の投機的な現状に対しては否定的な見解だったものの、ブロックチェーン技術に関しては今後も取り組んでいくという、孫氏の前向きな姿勢が明らかになりました。

ソフトバンクは、ブロックチェーンをベースにした高セキュリティの認証ソリューションを、米国のスタートアップ企業クラウド・マインズ・テクロノジー社と共同開発したことを、5月に発表しており、すでにブロックチェーン技術への取り組みをスタートしています。

 

IT業界大物たちの間で分かれる仮想通貨、ブロックチェーンの評価!

世界のIT業界の大物たちによる、仮想通貨とブロックチェーンに関する評価は様々で、

中国の巨大Eコマースであるアリババ(Alibaba)の創業者ジャック・マー(Jack Ma)氏は、「ブロックチェーン技術はバブルではないが、ビットコインはバブル」であると発言。

投機家たちがブロックチェーンを「巨大な金鉱」とみなしていることを残念に思うと述べるなど、ビットコインに対する懸念を表明しています。

「我が社にはブロックチェーンの研究チームはあるが、ビットコインを追い求めることはなく、アリペイに力を注いでいる」と語っています。

マイクロソフト(Microsoft)創業者のビル・ゲイツ(Bill Gates)氏も、
「ビットコインは非常に愚かな投資であり、もしするなら空売りする」と、否定的な意見を度々発言しています。

ただしブロックチェーン技術に関しては、新たなブロックチェーンアプリケーションやプラットフォームの開発を模索しており、最新テクノロジーの最先端に位置することを目指しています。

最近の動きとして今年5月には、同社のクラウドコンピューティング部門であるマイクロソフト・アジュール(Microsoft Azure)が、ブロックチェーンアプリ作成サービスの「アジュール・ブロックチェーン・ワークベンチ」をリリースしています。

 

最新ブロックチェーン技術の主導権争いが始まっている

アマゾン(Amazon)の創業者ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)氏の見解は明らかでないものの、アマゾンがビットコインを支払い方法の一つとして受け入れる可能性が、昨年来ささやかれています。

ブロックチェーンに関しては、ユーザー自身が分散型アプリケーションを作成管理できるテンプレートツールの開発を進めており、「サービスとしてのブロックチェーン」分野で、IBMやオラクルとの主導権争いが起きています。

フェイスブック(Facebook)のマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg) CEOは、新年の抱負の中で次のように述べています。

「仮想通貨は、中央集権化したシステムから、権力を人々の手に取り戻すことができるが、コントロールしにくいというリスクを伴うので、その長所と短所をフェイスブックのサービスにどのように活用できるか研究したい」と述べています。

ツイッター(Twitter)のジャック・ドーシー(Jack Dorsey)CEOは、5月にニューヨークで開催された「コンセンサス」で、ビットコインかどうかはわからないが仮想通貨は、

「世界に大きな転換をもたらし、様々な成果を得ることができる」
「インターネットのネイティブ通貨にふさわしい」
という考えを示しています。

仮想通貨やブロックチェーンに関する、世界のIT業界をリードする大物たちの考え方が、これからの世界をさらに大きく変えていくのは間違いないでしょう。

 

 

-ブロックチェーン, 国内情報, 海外情報
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 仮想通貨フォーラム , 2019 All Rights Reserved.