▼ハードウォレットなら「レジャーナノS」…毎月対応通貨を増やして世界で100万台以上販売!

▼ハードウォレットなら「レジャーナノS」…毎月対応通貨を増やして世界で100万台以上販売!


楽天がみんなのビットコインを買収して、いよいよ仮想通貨交換業に参入! 相次ぐ大手の参入で業界勢力図が一変する!?

投稿日:2018-08-31 更新日:

 

楽天傘下で確実な仮想通貨交換業登録を目指す!?

楽天が、みなし仮想通貨交換業者のみんなのビットコインを買収することを発表しました。

プレスリリースによると、子会社の楽天カードが、みんなのビットコイン親会社のトレイダーズベストメント株式会社から、10月1日に全株式5,100株を2億6,500万円で譲渡を受ける契約を締結したとのこと。

みんなのビットコインは、手数料の多くが無料で、レバレッジは最大25倍、イーサリアムのレバレッジ取引も可能なことなどで、トレーダーに人気の取引所ですが、

今年4月に、経営管理態勢やマネーローンダリング対策などが不十分であるとして、金融庁から業務改善命令を受け、改善に取り組んできました。

そのような状況下で、楽天グループの傘下に入り、管理体制の整備やシステム強化、セキュリティ対策の向上、人員の大幅増員などを確実に図っていくことで、仮想通貨交換業登録へ向けての動きを早めることができると判断したといいます。

 

「楽天コイン」の発行が早まる?

一方、楽天は、Eコマースやトラベル、通信などインターネット関連サービスから、銀行、証券、電子マネー、クレジットカードを始めとする金融サービスなど、グループ傘下の企業により70以上のサービスを提供して、一大エコシステム(経済圏)を確立。

さらには、楽天ブロックチェーン・ラボ(英国・ベルファスト)を設立して、次世代型決済プラットフォームの研究も進めてきました。

「将来的にはEコマースや実店舗での決済、P to Pの決済手段」として、仮想通貨が欠かせなくなると判断し、そのためには仮想通貨交換所が不可欠であることから参入を検討してきました。

楽天証券のFX顧客を中心に、仮想通貨の運用機会を求める声が大きくなっていることも背景にあったといいます。

また7月には、子会社であるメッセージアプリのバイバー社(Viber)が、独自通貨楽天コインを2019年にロシアで発行する予定であることが報じられていることから、

今回のみんなのビットコイン買収は、楽天コインの本格始動を目指す戦略の一環でもあるといえましょう。

 

相次ぐ大手参入はユーザーにとって大きなメリットに!

4月には、マネックスグループがみなし交換業者のコインチェックを買収したのに続いて、

ヤフーがビットアルゴの株式40%を取得

6月には、SBIホールディングス子会社のSBIバーチャルカレンシーズが、すでに登録していた仮想通貨交換業の営業を開始

7月には、LINEの子会社BITBOXが取引所としての営業をスタートさせました。

さらに8月20日には、SBIホールディングスがみなし交換業者LastRootsへの追加出資を発表したばかり。

 

大手が次々に仮想通貨交換業に参入

 

金融や通信大手が、次々とみなし交換業者を傘下におくなど、本格的に仮想通貨交換業へ参画し、自社事業とのコラボレーションや新事業への展開を加速する流れとなってきました。

大手の参入によって、業界全体の業務経営体制やセキュリティ対策などが充実していくとともに、

手数料や顧客サービスなどにおける各社間の競争が激しくなっていくことで、

ユーザーにとってはよりよいトレーディング環境が整備されるわけで、大いに歓迎すべきことであるといえましょう。

今後も各グループの動きから目が離せません。

 

 

-仮想通貨取引所(国内), その他の国内取引所, 国内情報
-, , ,

Copyright© 仮想通貨フォーラム , 2019 All Rights Reserved.