▼ハードウォレットなら「レジャーナノS」…毎月対応通貨を増やして世界で100万台以上販売!

▼ハードウォレットなら「レジャーナノS」…毎月対応通貨を増やして世界で100万台以上販売!


【要注意】送金先アドレスをすり替えて仮想通貨を盗むマルウェア横行中! Windowsのクリップボードが危ない!

投稿日:2018-07-04 更新日:

 

仮想通貨ユーザーがコインを送金する際に、長くて複雑なアドレスをいちいち入力するのは大変なことから、コピー&ペーストすることが多いことを悪用して、

アドレスをすり替えてコインを盗むという新しいマルウェアを発見したと、ブリーピング・コンピューター社(Bleeping Computer)が注意を呼びかけています。

 

仮想通貨クリップボード・ハイジャッカー(CryptoCurrency Clipboard Hijackers)」と呼ばれるタイプのマルウェアで、

Windowsのクリップボードにコピーされた、仮想通貨の送金先アドレスをモニタリングして、アタッカーのアドレスに置き換え、

ユーザーがそれに気づかずにペーストすると、そのままアタッカーのアドレスに送金されてしまう、という仕組み。

ターゲットユーザーのPCのバックグラウンドで、メモリを密かに制御して作動させるため、ユーザーはまったく攻撃に気づかず、

すでに230万件のアドレスがターゲットとしてモニタリングされているといいます。

▼マルウェアでモニタリングされている230万アドレスの一部を示す画像

マルウェアでモニタリングされている230万アドレスの一部を示す画像

 

 

ブリーピング・コンピューター社は、

ユーザーは、ペーストしたアドレスが本物かどうかを再確認しない限り、すり替えに気づかない」と指摘し、

マルウェアの仕組みを解説している動画を公式サイトに掲載しています。

▼Windows ClipBoard Hijacker Swaps out CryptoCurrency Addresses

 

攻撃を防ぐためにユーザーができる対処方法は、

① 常にウイルス対策ソフトを最新のものに更新すること

② コピー&ペーストで送金先アドレスを入力した場合には、送金する前に必ずアドレスを再確認すること

仮想通貨を送金する際には、くれぐれもご用心を!!

 

 

-安全・管理
-, ,

Copyright© 仮想通貨フォーラム , 2019 All Rights Reserved.